仮想通貨でよく聞くセリクラの意味とは?

仮想通貨でよく聞くセリクラの意味とは?

セリクラの意味

セリクラとは、セリング・クライマックス(Selling climax)の略で、直訳すると「売却の最高潮」となります。

具体的には、悪材料などをきっかけに大量の売り注文が発生することで価格の暴落が発生し、さらにその暴落によって狼狽売りが発生し「売りが売りを呼ぶ」状態である大暴落のことを指します。

しかし、多くの投資家が売っている時こそ買い時であり、このような相場の最終局面では、その売り板を飲み込む買い板を並べる投資家も増えてきます。このことから買い板が増え、出来高も膨らんで売りがやんだ所で、一気に上昇トレンドへと転換することがよくあります。売りたい人は皆売って、出来高が増加した状態がセリング・クライマックスです。

セリクラはどんな時に使うの?

「この悪材料をきっかけにセリクラが起こるだろう。」

「この下げ相場はセリクラとは言えない。」

Twitterで見かけたセリクラ

The following two tabs change content below.

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • Tag Cloud