仮想通貨の今後の発展には”実用性”がカギ|仮想通貨ニュース【8月8日】

仮想通貨の今後の発展には”実用性”がカギ|仮想通貨ニュース【8月8日】

8月8日こよりの仮想通貨1DAYニュース

ゴールドマンサックスの元CEOが語る仮想通貨の未来

トランプ大統領の元側近でゴールドマンサックスの元CEO、Gary Cohn氏は「仮想通貨は価値の保存という実用性だけでは不十分で、さらなる実用性が必要」と指摘しています。

以下、「Gary Cohn」氏がBloombergに対し、仮想通貨についての最新の見解を述べています。

私は現在(仮想通貨業界が)どのような状態にあるのかに関心はないが、将来的に業界がどのような形で”新しい世界”に突入していくのかということには興味がある。そのためには実用性が必要不可欠だ。

価値の保存という観点においては、より実用的な方法が世の中に数多く存在しており、仮想通貨における現在の実用性だけでは通用しない。

CoinPost

直近でいうと、7月末にはビットコイン価格が8,000ドル(約88万円)で取引されていましたが、1週間程度過ぎた8月8日には6,500ドル(約72万円)にまで下落しています。

理由はどうあれ、この値幅を見る限り”価値の保存”としての機能はほとんどなされていません。

“価値の保存”という実用性以外にも、何か他に軸となる実用性がなければビットコインの未来に暗雲が・・。

具体的な”実用性”については語られていませんでしたが、ビットコインの未来を良くするためには、これまで以上に、仮想通貨の実用性が重要だということがわかりました。

BTC市場における集団行動が市場に与える影響とは?

最近、仮想通貨トレードオンラインサロンが話題になっています。

その中で、オンラインサロンによる行動が、相場の価格形成へ影響を与えるのではないか?という懸念の声が挙がっています。

実際に相場への影響はあるのか?

UKIさんという方が実際に、検証し結果を報告されています。

興味のある方は是非ご覧ください。

検証結果の報告を見る

UKIさんは、報告書の最後に以下のように述べています。

サロンの集団による売買は仕手と見なすことができ、通常の金融商品では”クロ”となってしまう案件です。暗号通貨の投資には、通常の金融商品と同じく投資家保護のための規制が早く整うべきだと考えています。

BTC市場における集団行動が市場に与える影響

ビットコインETF可否、9月末まで延期決定!

ビットコインETF(Cboeが上場申請中のVanEck SolidX Bitcoin Trust )の可否が45日延長されることは決定し、審査期限は9月30日となりました。

この発表を受け、ビットコイン価格は7万円ほど下落し、他の仮想通貨(アルトコイン)も同様に下落しています。

過去24時間で仮想通貨全体の時価総額が、150億ドル減少したというデータもあります。

ビットコインETFの延期の理由としては、ETF可否を決めるSECに、ビットコインETFについての様々な意見が寄せられており、精査するのに長い検討期間が必要と判断したからみたいです。

延期という発表だけでこれだけ価格に影響しているといことは、それだけビットコインETFが注目されている証拠です。

もしビットコインETFが不承認となれば、今回より大幅な下落が予想されます。

Cardano(ADA)が南アフリカの仮想通貨取引所ice3Xに上場

取扱いペア2は種類

  1. ADA/BTC
  2. ADA/ZAR(南アフリカランド)
The following two tabs change content below.
はじめまして、"こより"と申します。仮想通貨に未来を感じ、初心者さん向けに「わかりやすく・読みやすい」仮想通貨ブログを開始。最初はみんな0からスタート!運営ブログ:こよりと学ぶ仮想通貨

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • Tag Cloud