テロリストにとって仮想通貨は「使い勝手が悪い」|仮想通貨ニュース【9月9日】

テロリストにとって仮想通貨は「使い勝手が悪い」|仮想通貨ニュース【9月9日】

9月9日こよりの仮想通貨1DAYニュース

テロリストにとっては「現金が一番」

仮想通貨によるテロ資金調達の様々な手法ついて、米議会で議論された模様です。下院金融サービス委員会の7日の公式プレスリリースで判明しました。

実際に、アルカイーダやイスラム国などのテロ組織は仮想通貨による資金調達を試みているが、大きな成功は収めていないようです。議会の会合でもそう結論付けられています。

さらに、米シンクタンクの不正融資センターの分析責任者であるヤヤ・ファヌージ氏は、法定通貨が最も匿名性の高い資金調達方法であり、テロリストの間でよく使用されていると言及しています。

ただし、テロリストによる仮想通貨の資金調達の例が複数あることも事実です。

ファヌージ氏は、仮想通貨市場を健全な市場にするのは、「テロリストによる仮想通貨の利用増加に今備えることで、米国は、仮想通貨市場が不正融資の聖域になってしまうのを制限することができる」とはなし、各取引所での資金洗浄防止(AML)や顧客確認(KYC)の強化をしていくべきだとしています。

一時、仮想通貨がテロリストの資金調達に使わることで、仮想通貨に対して良くないイメージがありましたが、今後資金調達に仮想通貨が使われることが少なくなっていくのではと思っています。

アイスランド、初の公式仮想通貨取引所(Skiptimynt)をオープンへ

アイスランドは、初の規制当局と金融規制機構間での仮想通貨取引所を登録しました。

Skiptimynt取引所では2種の通貨ペアが確認されています。

通貨ペア

  1. アイスランド・クローナ(ISK)/Auroracoin (AUR)
  2. ビットコイン(BTC)/ISK

アイスランドでは、2月にBitcoin ATMが設置されており、今後、同国での仮想通貨市場の広がりが期待されます。

わくわく未来よそうチャート公開

わくわく未来よそうチャートとは、過去のBTCチャートから似ている形のチャートを見つけだし、未来のチャートを予測するサイトです。

わくわく未来よそうチャート

実践でどこまで活用できるかわかりませんが、なかなかおもしろい発想ですね。

この開発者さんは、過去にも「わくわくお相撲ランド(仮)」という、仮想通貨取引所の取引を監視し、大量に売買されたら音とアニメーションで教えてくれるサービスをリリースされています。

デザインもキレイで、発想もおもしろいです。

今後の開発リリースにも期待です。

The following two tabs change content below.
はじめまして、"こより"と申します。仮想通貨に未来を感じ、初心者さん向けに「わかりやすく・読みやすい」仮想通貨ブログを開始。最初はみんな0からスタート!運営ブログ:こよりと学ぶ仮想通貨

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • Tag Cloud