Bithumbがハッキング被害額を35億円から19億円に訂正

Bithumbがハッキング被害額を35億円から19億円に訂正

韓国の最大手取引所Bithumbは今月20日にハッキング被害によって35億円相当の仮想通貨が盗まれたと発表していましたが、28日に被害額は19億円相当であったと訂正しました。ハッキングの原因については調査中であり、Bithumbは発表があるまで入金を控えるよう呼びかけています。

盗難されたのは11種類

Bithumbは28日、35億円相当と発表していたハッキングによる盗難の被害額を19億円相当と訂正しました。

実際に盗まれた仮想通貨とその額についても発表され、ビットコインやイーサリアムなどのメジャーコイン11種類がそれぞれ数千万円~数億円相当盗難されたことがわかりました。

原因は調査中

被害額が想定より少なくなった要因については、顧客資産を速やかにホットウォレットからコールドウォレットへ移して被害の拡大を最小限にしたこと、他の仮想通貨取引所や、仮想通貨ファンドが協力してくれたことが大きかったと述べています。

ハッキング原因については現在も韓国政府と連携して調査中であり、Bithumbは発表があるまで新たに入金することを控えるようユーザーに呼び掛けています。

The following two tabs change content below.

コインマガジン編集部

仮想通貨(暗号通貨)・ビットコイン全部盛り! CoinMagazine(コインマガジン)編集部です!

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • Tag Cloud