LINEの仮想通貨取引所『BITBOX』7月開始、日米在住者はサービス対象外

LINEの仮想通貨取引所『BITBOX』7月開始、日米在住者はサービス対象外

人気メッセージアプリのLINEが7月に仮想通貨取引所『BITBOX』のサービスを開始することを発表しました。30種類以上の仮想通貨が取り扱い予定となっています。日米の居住者はサービス対象外でIPアドレス、電話番号、KYC(身元確認)から判別し、利用を制限するとのことです。

7月にオープン、30種類以上の通貨を取り扱い予定

LINEの仮想通貨取引所『BITBOX』が7月にオープンすることが発表されました。

ビットコイン、イーサリアム、ライトコインなどのメジャー通貨を含む30種類以上の通貨が取り扱い予定となっており、上場する通貨は専門家で構成された委員会で厳正なる審査を行い、選ばれるそうです。

対応言語は15種類だが日米居住者はサービス対象外

世界中にユーザーを抱えるメッセージアプリのLINEらしく対応言語は豊富で15種類もの言語に対応していますが、その中に日本語はありません。

日本とアメリカの居住者は『BITBOX』のサービス対象外であり、対象外の方の利用はIPアドレス、電話番号、KYC(身元確認)から判別し、制限するとのことです。

The following two tabs change content below.

コインマガジン編集部

仮想通貨(暗号通貨)・ビットコイン全部盛り! CoinMagazine(コインマガジン)編集部です!

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • Tag Cloud