仮想通貨でよく聞くサーキットブレーカーの意味を教えて!

仮想通貨でよく聞くサーキットブレーカーの意味を教えて!

サーキットブレーカーの意味

サーキットブレーカーまたはサーキットブレイクとは大きな価格変動が起きた時に、取引所が強制的に値幅制限や取引自体を完全に中断させることです。

株式の世界での発動事例
2001年:アメリカ同時多発テロ(9.11)
2008年:リーマンショック
2011年:東日本大震災(3.11)

サーキットブレーカーはどんな時に使うの?

主に株取引などで価格の暴落があった時に
「サーキットブレーカーが発動した」「サーキットブレーカーが働いてストップ安」などと使用することがあります。

FXでのサーキットブレーカー発動がきっかけで、仮想通貨にも下落が起こることがあるようです。

Twitterで見かけたサーキットブレーカー

The following two tabs change content below.

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • Tag Cloud