今後のビットコイン価格予想33万円まで下げて、年末までに167万円まで回復する|仮想通貨ニュース【8月26日】

今後のビットコイン価格予想33万円まで下げて、年末までに167万円まで回復する|仮想通貨ニュース【8月26日】

8月26日こよりの仮想通貨1DAYニュース

アナリストによる、ビットコイン価格予想

有名アナリスたちの見解によると、ビットコイン価格の今後は、現段階の価格(70万〜75万)より下げた後、年末に向け上昇し始め、年末には110万〜167万円まで回復するという予想で一致しています。

過去のビットコイン価格を見てみると、2012年、2014年、2017年と、いずれも最高値から80%もの暴落後に急反発しています。今回も、上昇するには一旦下げてから横ばいが続き、そこから上昇するのではないかとのこと。現在価格75万円でいうと、最高値からの下落率は67%程度。まだまだ下がる余地があることがわかります。

今後のビットコイン価格予想は、最低33万円付近まで下がり、年末には最高167万円付近まで回復するという見方が強いようです。

あと残り4ヶ月、こんなに価格が動くのか?という疑問はありますが、アナリストたちの予想に期待したいところです。

米国の新仮想通貨取引所Bakkt(バックト)が初の『ビットコインETF』承認なるか?

米国NY証券取引所の親会社がマイクロソフトと共同設立した仮想通貨取引所「Bakkt(バックト)」

このBakkt(バックト)が、SECが審査を行う「ビットコインETF」の要求水準をすでに満たしており、初承認の可能性が浮上した。というニュース。

そもそもSECが挙げているビットコインETFに関する主な問題点とは

  • 信頼のおける価格形成の欠如(価格操作)
  • 先物市場とデリバティブへの信用

これに対して、Bakkt(バックト)は・・

「透明性の高さと、効率の良い価格発見機能を前提に、国際規制に準拠した体制構築や、プレトレードやポストトレード制度の質の向上に対し、重点的に取り組むとし、以下のように言及。

”価格発見”機能において、特に重大な要素は「現物」引渡しだ。

当社のソリューションでは、ビットコイン売買が完全に担保されているか、あるいは事前積立されている。したがって、ビットコインに関する新たなコントラクトは、マージンやレバレッジ取引を一切行わない。

https://www.ccn.com/

Bakkt(バックト)は、SECが挙げているビットコインETFに関する主な問題の2点を解決していることから、初のビットコインETF承認に期待が寄せられています。

フィリピンなど3カ国、「クリプト・バレー」を目指す

ブラジルでBTC決済可のホテルがオープン

The following two tabs change content below.
はじめまして、"こより"と申します。仮想通貨に未来を感じ、初心者さん向けに「わかりやすく・読みやすい」仮想通貨ブログを開始。最初はみんな0からスタート!運営ブログ:こよりと学ぶ仮想通貨

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • Tag Cloud