仮想通貨市場が軟調な時には何をすべきか?おすすめの三つの行動とは

仮想通貨市場が軟調な時には何をすべきか?おすすめの三つの行動とは

ビットコインの価格上昇も以前に比ベてイマイチな上に、仮想通貨市場への新規参入による熱狂的相場もひと段落しましたね。

そんな時には何をしたら良いのか?何をすべきなのかについて、今回は紹介します。

この地合いですべき事は三つです。

  • ポートフォリオのリバランス
  • ICOの調査
  • 価格が下落中の通貨の情報精査

それぞれ解説していきますね。

ポートフォリオのリバランス

ツイッターなどを見ていると、「ガチホが一番!」と言う発言をよく目にします。

確かに税金面などを考慮するとホールドは安心なのですが、その通貨に入れ込みすぎてしまった結果、大きな含み損になる事も多々有りますよね。

ですので、いかに自分が信頼している通貨だとしても常に客観的に見る事が大切です。

では、どの様にすれば簡単に客観視することが出来るのか?と言うと、
ポートフォリオのリバランスを行う事です。

自分の保有している通貨の割合をまず把握し、何故この通貨を、何故この割合で保有しているのかについて、すぐに自分の中で答えが出ないのであれば
情報の精査を行い、自分の中で割合として適性と思えるかを見直せば良いのです。
私はこれを週1〜2回ほど行い、いかに利益を出せるポートフォリオを組むかの戦略を立てています。

組んだポートフォリオの中でも、短期売却を予定しているものがあれば、売った先に購入する通貨まで候補をあげています。

ICOの調査

こういった地合いの時にはICOの参加がオススメです。

下手に短期トレードをしようとするとヤケドしやすい値動きですから、私は基本的に短期トレードは避けます。
短期トレードをする時間をICOの調査に当てると、先々大きなリターンを得ることが出来そうなプロジェクトも見つけられますよ。

最近はしっかり精査して参加すれば、数倍になるICOも多いですから、一度ご自身で探して見ましょう。

短期トレードが苦手な方は特にICOで大きなリターンを得ていく方が向いている可能性も有ります。
実際に私の友人のアラタ氏は、短期トレードが苦手ですがICOの精査が上手く、資産を伸ばすことに成功していますよ。

価格が下落中の通貨の情報精査

案外見落としがちな事が、“一度値上りしてから下げトレンドに入ってしまった通貨”の精査です。

これをするだけでも、予想以上にしっかりプロジェクトが進んでいる通貨を見つけられたりしますから、必ずやっておきましょう。

2017年8月に一度10倍以上に価格上昇して以降、4ヶ月間値下がりし続けた通貨が実はしっかりプロジェクトが進んでおり、
12月には8月を大きく超えた価格まで上昇したと言うケースもあります。

この様な通貨は意外と多いものですから、しっかり調べておくと良いですよ。

まとめ

この軟調な今だからこそ、自分で情報収集をする力をつけましょう。

市場が賑わってくるとほとんどの人がポジトークばかりになり、何が良い情報なのかも分からなくなります。

ノイズが少ない今こそ、しっかりと仮想通貨と向き合って今後の戦略を練る事が大事ですよ。

The following two tabs change content below.
ハウスメーカー勤務のサラリーマン投資家です。 FISCOソーシャルレポーターとしてコラムも執筆 仮想通貨資産は9桁を超えました 運営ブログ:いますぐ始める仮想通貨投資

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • Tag Cloud