SBIVC「仮想通貨の入出金」と「イーサリアム(ETH)の取扱」を開始!12月中|仮想通貨ニュース【9月25日】

SBIVC「仮想通貨の入出金」と「イーサリアム(ETH)の取扱」を開始!12月中|仮想通貨ニュース【9月25日】

9月25日こよりの仮想通貨1DAYニュース

仮想通貨の入出金、イーサリアム(ETH)の取扱、取引所形式の取引、レバレッジ取引続々と・・

SBIバーチャル・カレンシーズの北尾会長は、25日に東京で開催されたカンファレンス「FINSUM2018」で、12月に「仮想通貨の入出金」と「イーサリアム(ETH)の取扱」を開始することを発表しました。

さらに、来年3月には「取引所形式の取引開始」と「レバレッジ取引の開始」も予定しているとのこと。

以前から2018年度中には実行すると公言されていたので、今回の発表は日時が明確になった形となりました。

昨今、取引所ハッキング問題が相次いでいますが、SBI社は豊富な金融ノウハウに加え、米国の大手証券取引であるNASDAQの取引システム(マッチンエンジン)を利用することからも、セキュリティに関して万全の体制を築いてきたと強調しています。

SBI社の自社トークンである、Sコインの発行についても発表がありました。

2018年10月より、「Sコインプラットフォーム」を通してSBIが発行する決済用コイン「Sコイン」の実証実験が開始。

スマホ上でチャージ・決済を可能とし、「スタンプ認証」にてキャッシュレスで決済できる仕組みを構築していくとのこと。

Sコインは決済用コインとしての普及が見込まれます!

マウントゴックス(Mt.GOX)、BTC・BCHの売却を発表


マウントゴックス(Mt.GOX)がビットコイン24,658BTCとビットコインキャッシュ25,331BCHを売却したことを発表しました。合計売却は700億円にものぼります。

今年の3月から続いていたMt.GOX社の売り圧力問題。

すでに売却済とのことなので、売り圧力がひとつ減ったことになります!

仮想通貨を要求するメールが拡散中!

サイバー犯罪対策課が注意喚起を行っています。

昨今、仮想通貨を要求するメールが拡散中とのこと。

内容は、「あなたのシステムから機密情報をダウンロードした。」「データを消去するには仮想通貨を支払え。」といったもの。

メール文の中に、ビットコインアドレスが記載されており、ビットコインをそのアドレスに送るよう誘導されています。

対応策としては、相手に返信等はせず、要求にも応じないとのことです。

NEM(ネム/XEM)が仮想通貨取引所CREX24に上場

CREX24情報

  • プロス共和国を拠点とする取引所「CREX24
  • 2017年設立
  • 取り扱い通貨ペアは、約400種類
  • 5種類のフィアット建て取引可能
  • 日本語対応+クレジットカード入金+円建て取引可能
  • 取引所のボリュームランキングは、coinmarketcapで130位前後

取引ペア

  • XEM/BTC

ABCCが上場通貨を決める第1回上場通貨投票実施

ABCC取引所

投票期間:9月25日~10月2日
投票条件:本人確認が済んでいるユーザー・ウォレットに0.05ETH以上の資産があること

候補通貨は以下の8種類

  1. トロン
  2. DATx
  3. No Fake Coin
  4. Transcodium
  5. Polymath
  6. 4NEW
  7. Vikky Token
  8. Level Up Coin

さらに、投票した通貨が上場すると報酬が付与されます。

The following two tabs change content below.
はじめまして、"こより"と申します。仮想通貨に未来を感じ、初心者さん向けに「わかりやすく・読みやすい」仮想通貨ブログを開始。最初はみんな0からスタート!運営ブログ:こよりと学ぶ仮想通貨

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • Tag Cloud