ビットコインETFの承認可否決定を年末に実質先延ばしへ|仮想通貨ニュース【9月24日】

ビットコインETFの承認可否決定を年末に実質先延ばしへ|仮想通貨ニュース【9月24日】

9月24日こよりの仮想通貨1DAYニュース

ビットコインETFの承認可否の決定は今年12月末か来年2月

9月21日早朝、米国証券取引委員会(以下SEC)は新たな公式通告が発表されました。

ビットコインETFの中でも「本命」と呼ばれるCboeによるVanEck版ビットコインETFの申請についての内容です。

公式通告のタイトルは「申請された内容を承認・不承認にするかを決定するための手続きを開始する」というものです。

要するに、これからより具体的な審査に乗り出し、さらにVanEck版ビットコインETFに関心を持つ人からより多くのコメントを求めることにしました、ということ。

なので、9月30日を期日としていたビットコインETFの可否判断を延期します、と明言したわけではありませんが、21日の発表で「これから具体的な審査に乗り出し・・」としているので、実質的に延期と捉えても良さそうです。

次の可否判断の期日は2018年12月29日、最終期日は2019年2月27日となっています。

遅くとも来年2月には決着が付くということになります。

ウィンクルボス兄弟の仮想通貨取引所ジェミニ、英国への進出を検討

英フィナンシャル・タイムズによると、ウィンクルボス兄弟が設立した仮想通貨取引所Gemini(ジェミニ)は、イギリスへの進出を検討しているかもしれないとのこと。

イギリス進出の可能性を検討するためのアドバイザーを雇用したり、イギリスの規制当局に、仮想通貨取引とカストディ(保管)サービスについての申請も近々提出するだろう報じています。

Gemini(ジェミニ)からの公式発表が待たれます。

仮想通貨の売買を、遊びながら学べるボードゲーム

ヴィレッジヴァンガードオンラインストアから、仮想通貨の売買を、遊びながら学べるボードゲームなるものが発売されました。

6種類の仮想通貨があり、価値の上がり下がりを予測しながら売買し、最も多く資産を手に入れた人が勝ちというシンプルなルールです。

プロの投資家を開発アドバイザーに加えた本格的な内容になっているみたいで、なかなかおもしろそうです。

仮想通貨というものがボードゲームという形で身近に感じさせてくれることで、抵抗感を持っている人にも受け入れられやすく、楽しく遊べるものになっているんじゃないかと思います。

ヴィレッジヴァンガードオンラインストア

アメリカの仮想通貨取引所Poloniexが8銘柄の上場廃止

9月25日の米国東部標準時12時に取引銘柄一覧から削除されることになっています。

ただし、上場廃止されても10月25日までは送金可能という計画です。

上場廃止銘柄

  1. ビットコインダーク
  2. ビットマーク
  3. アインシュタイニウムグ
  4. リッドコイン
  5. ネオスコイン
  6. ポットコイン
  7. ヴェリコイン
  8. ビットコインプラス

ビットコインダークに関しては、期間内にブロックチェーンネットワークの再稼動を行う場合、Poloniexは再検討することも示唆しています。

Liqui、13銘柄を上場廃止

9月24日、海外取引所のLiquiが13銘柄の上場廃止を発表。

9月28日に13銘柄の取引が終了します。

上場廃止銘柄

  1. WAVES
  2. BAT
  3. MCO
  4. REQ
  5. EDG
  6. MGO
  7. CFI
  8. TKN
  9. MLN
  10. TAAS
  11. TIME
  12. MYST
  13. ICN
The following two tabs change content below.
はじめまして、"こより"と申します。仮想通貨に未来を感じ、初心者さん向けに「わかりやすく・読みやすい」仮想通貨ブログを開始。最初はみんな0からスタート!運営ブログ:こよりと学ぶ仮想通貨

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • Tag Cloud