ビットコインの今後をナスダック、Nikkei225、GOLDから考察|仮想通貨ニュース【7月21日】

ビットコインの今後をナスダック、Nikkei225、GOLDから考察|仮想通貨ニュース【7月21日】

7月21日こよりの仮想通貨1DAYニュース

ビットコインの値動きは全てwall street cheat sheetのMarketCycleと非常によく似た形

ビットコイン価格の今後を予測する一つの参考資料として、ナスダック、Nikkei225、GOLDのチャートと比較したものが話題になっています。

https://twitter.com/UU_Uu1uU/status/1020582151832530945
https://twitter.com/UU_Uu1uU/status/1020582151832530945

もちろん今後、ナスダック、Nikkei225、GOLDと同じチャートを描くとは限りませんが、非常に似ていて面白い参考資料だと思います。

「仮想通貨取引所の仕組み」や「仮想通貨保護」について図式から学ぼう

https://twitter.com/takeee814/status/1020540186839560193
https://twitter.com/takeee814/status/1020540186839560193
https://twitter.com/takeee814/status/1020540186839560193
https://twitter.com/takeee814/status/1020540186839560193

取引所によって、秘密鍵の管理方法は違います。

仮想通貨XEMがハッキングされた事件では、コインチェックは当時、マルチシグでの管理がなされていなかったことが、ハッキングされた一つの原因とされていました。

最後の資料にある、ネットワークから隔離する「コールドウォレット」という管理方法や、複数で秘密鍵を管理する「マルチシグ」など、

取引所によって秘密鍵の管理方法は異なります。

コインチェック事件後は、規制が厳しくなり、上記2点の管理方法はどこの取引所でも徹底されるようになりましたが、取引所を選ぶ際はどういった運営をしているのか?という所を精査し選ぶようにしたほうがいいでしょう。

ビットコインの「送金の一連の流れ」を図式から学ぼう

https://twitter.com/IXTgorilla/status/1020465983637676032/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed&ref_url=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fixtgorilla%2Fstatus%2F1020465983637676032
https://twitter.com/IXTgorilla/status/1020465983637676032/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed&ref_url=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fixtgorilla%2Fstatus%2F1020465983637676032
https://twitter.com/IXTgorilla/status/1020465983637676032/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed&ref_url=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fixtgorilla%2Fstatus%2F1020465983637676032
https://twitter.com/IXTgorilla/status/1020465983637676032/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed&ref_url=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fixtgorilla%2Fstatus%2F1020465983637676032
こより
単に「Aさん」から「Bさん」にビットコインを送金するだけでも裏側ではいろいろな事が行われているんですね!

今まで、なんとなくでしかわからなかったけど、図式でここまで丁寧に説明されているのはすごいわかりやすいです。

正直、わかならい部分もあったので、まだまだ勉強不足だなって痛感させられました・・><

新郎から新婦への愛のメッセージをブロックチェーンに!

永遠の愛をブロックチェーンに刻むってすごく先進的!

ブロックチェーンの活用の場がいろんな所で広まっているのはいいですね!

海外では、婚姻届をブロックチェーン上に記録する事例も!

ブロックチェーンの特徴の一つである「事実上改ざんが不可能」と言うシステムを利用し、「We got maried(私たちは結婚した)」と記録したのです。このカップルはイーサリアムのブルックチェーンを利用。2人の氏名と日付をデータベースに記録したので、この記録は消すことができません。

続き→https://cointyo.jp/article/10003362

大手保険会社が仮想通貨保険に注目か

今後、大手保険会社などが「仮想通貨保険」なるものを提供することで、「安心」という理由から、いまより一般の方の仮想通貨への参入が増える可能性があると考えると良い試みだと思います。

現状では、ハッキング・詐欺など、仮想通貨市場はやられたらやられっぱなし(無法地帯)なところがあります。

まだまだ隙間産業である「仮想通貨保険」が、今後どのような発展を遂げていくのか楽しみです。

The following two tabs change content below.
はじめまして、"こより"と申します。仮想通貨に未来を感じ、初心者さん向けに「わかりやすく・読みやすい」仮想通貨ブログを開始。最初はみんな0からスタート!運営ブログ:こよりと学ぶ仮想通貨

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • Tag Cloud