SBIの取引所 ビットコインの現物取引に対応

SBIの取引所 ビットコインの現物取引に対応

SBIの仮想通貨取引所VCTRADEは18日、BTC(ビットコイン)の現物取引に対応します。既に取り扱いがされているXRP(リップル)、BCH(ビットコインキャッシュ)と合わせて取り扱い通貨は3種類となり、予定されていた通貨はすべて対応したことになります。

本日より取り扱い開始

VCTRADEは本日18日より、BTCの現物取引に対応し、BTC/JRYの通貨ペアを追加され、これによって取り扱い通貨はXRP、BCH、BTCの3種類となりました。

全て円建てのみの取引となり、仮想通貨での売買・入金・出金は引き続きできませんので注意が必要です。

マイナー通貨は取り扱わない

6月4日のVCTRADEのサービス開始時に発表された追加予定通貨はこれですべて取り扱いが始まったことになります。

今後取り扱いされる通貨については、SBIの2018年3月期第3四半期決算説明会において、「VCTRADEではマイナーな通貨を取り扱わない」とする方針を明らかにしているため、ETHのようなメジャー通貨に限られると予想されています。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • Tag Cloud