詐欺通貨の3つの特徴 中国政府の調査で明らかに。

詐欺通貨の3つの特徴 中国政府の調査で明らかに。

中国政府の調査によって詐欺の疑いが強い仮想通貨が421種類発見されました。こうした詐欺通貨にはピラミッドスキーム(ネズミ講)、オープンソースのコードがない、自由に売買できないという3つの特徴が存在するとのことです。

421種類もの通貨に詐欺の疑い

中国政府の機関IFCERT(国家インターネット金融安全技術専門家委員会)の報告書によると、4月時点で421種類の仮想通貨に詐欺の疑いがあるとのことです。

IFCERTは監視のためのテクノロジープラットフォームを立ち上げており、421種類の仮想通貨に対し、続的に監視を続けたところ、そのうちの60%以上が海外のサーバーで運営されており取り締まりが難しいことと、詐欺通貨には共通する3つの特徴があることがわかったと主張しています。

詐欺コインの3つの特徴

ひとつめはピラミッドスキームであること、投資家が先にお金を支払い別の誰かを紹介して、その人にもお金を支払わせることで報酬がもらえる仕組みです。参加してお金だけはらう人が増え続けないと報酬が用意できず破綻してしまう仕組みです。

ふたつめはオープンソースのコードがないこと、開発をまじめに行っていないので公開できるようなコードもないし、技術的に具体的な説明ができないということです。実態がないので、トークンの数を際限なく増やし、投資家に対して資産が増えたように錯覚させるケースもあるそうです。

みっつめはこうしたコインは実態がないため、取引所に上場しないもしくはできないので、売買するには店頭もしくは運営がつくったプラットフォームを通す必要があります。正しく取引が行われているか監視する人間がいないので、価格が急騰してるように見せかけたり、理由をつけて出金をさせなかったりするそうです。

こうした詐欺コインの被害に合わないよう上記の3つは必ず確認したほうが良いかもしれません。

The following two tabs change content below.

コインマガジン編集部

仮想通貨(暗号通貨)・ビットコイン全部盛り! CoinMagazine(コインマガジン)編集部です!

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • Tag Cloud