アメリカの大手仮想通貨取引所Coinbaseが仮想通貨のインデックスファンドの受付を開始しました。ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの4銘柄を組み合わせており、アメリカの在住の適格投資家を対象としたサービスになっています。

4銘柄をバランスよく組み合わせたインデックス、今後はイーサリアムクラシックも

Coinbaseは12日、インデックスファンドの受付を開始しました。

インデックスの内訳はビットコイン61.47%、イーサリアム27.17%、ビットコインキャッシュ8.22%、ライトコイン3.14%となっており、今後イーサリアムクラシックを追加してリバランスする予定とのことです。

対象はアメリカ在住の適格投資家

このインデックスファンドは誰でも購入可能というわけではないので注意が必要です。

投資金額は最低25万ドル~最高2000万ドル、購入対象者はアメリカ在住の適格投資家と定められています。

適格投資家というのは米国証券取引委員会によって認められた投資家のことで、継続した20万ドル以上の年収(既婚者の場合、夫婦合わせて30万ドル)、もしくは100万ドル以上の純資産があることが必須条件となっています。

ハイリスクなファンドに参加するには投資に関する知識や経験がないと危険であるため、投資家保護の観点から一定以上の資産を形成した方のみを対象としている模様です。

最新の仮想通貨ニュースをアプリで毎日チェック
  • シリーズ累計DL数30万突破!!
  • 主要ニュースをプッシュ通知でお届け!!
  • トレンドに注目して注目の銘柄を見逃さない!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事