1.5btcをGOXした僕が改めて気をつけているセキュリティ対策

1.5btcをGOXした僕が改めて気をつけているセキュリティ対策

はじめましてryu@まぐろです

いざという時がいつになるかは誰にもわからない、pcの乗り換え時、送金時、ありとあらゆる場面で起こりうる仮想通貨を利用する場面で仮想通貨が使えなくなる状態になるリスク。
いつ起こるかわからないからこそ日頃から対策する必要があります。

1.5btcを焼失した僕が、今回はその対策について考えたいと思います。

ホールドする時に取引所にはコインを保管しない


かの昔にmount.goxという当時世界一の取引所がハッキング破産しました。そして先日Coincheckから500億円超のnemが盗まれました。

これらから分かるように取引所に仮想通貨を保管することは他人の管理下にあるので必ずしも安全であるとは限りません。
大量の仮想通貨が集まる取引所はクラッカー(悪意のあるハッカー)から見ると格好の標的です。

仮想通貨をホールドする時は、ウェブウォレットや取引所などインターネット上のサービスに預けないようにしましょう。

送金アドレスは確認する


私はこのパターンで1.5btcを失いました。

仮想通貨を取引所に入出金する際などに送金先のアドレスを間違えないようにしましょう、決してキーボードで打たないでください。
コピーペーストする際などは最後までしっかりコピーしてください。
私は後ろの三文字をコピーし忘れて、キーボードで打って死亡しました。

QRコードを読み込んで送金するのが理想ですが、使えない場合確実にコピーペーストしてください。
(コピーするアドレスを間違えてしまったらそれもそれでアウトですが。)

仮想通貨は一度送金すると取り消すことは基本的に不可能です。
間違えて送金した場合取り戻すことは不可能に近いです。何気ない利用中に起きることなので気をつけてください。

ウォレットのバックアップを取ろう


ウォレットの秘密鍵ファイルをUSBメモリなどに保存してバックアップを取りましょう。パソコンが壊れたときにバックアップから復旧できます。
コインのウォレットの上段のリボンにウォレットのバックアップという項目があるので、そこでUSBメモリ等にファイルを保存してください。

この時、クラウドに保存しないようにしましょう。
クラウドがハッキングされたりクラウドのログインIDとパスワードがバレたら盗まれます。

また秘密鍵を保存するUSBメモリは専用に新しいものを買い、厳重に保管してください。

ハードウェアウォレットを使う


レジャーなどのハードウェアウォレットと言う物を買って仮想通貨を保管しましょう。

そうすることでセキュリティが高まり仮想通貨を盗まれることは無くなるでしょう。

ただし!絶対にメルカリ、ヤフオクなどで購入しないでください。
理由は秘密鍵を生成するためのパスフレーズ12個を出品者が控えてる可能性があるからです。

その場合出品者がハードウェアウォレットに入っている仮想通貨をいつでも奪えます。これがなければ安全なので新品で買えばなくなることはほぼ無いでしょう。
開封済み新品が一番危ないです!

念のため言いますが正しく使用すれば一番安全なのがハードウェアウォレットです。

//ハードウェアウォレットに関して理解が薄いのであまりかけなくてすいません。

これらの事を注意すれば仮想通貨がなくなるリスクを抑えることができると思います。

The following two tabs change content below.

ryu

monacoinが好きです、音ゲーマー、ダーツ始めました agur.ioやってます。 運営ブログ:一文無しから仮想通貨

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • Tag Cloud