Facebookが仮想通貨関連の広告を許可する方針を発表

Facebookが仮想通貨関連の広告を許可する方針を発表

Facebookは仮想通貨関連の広告を許可する方針を26日に発表しました。その仮想通貨や広告内容が適切なものであるかを確かめ、承認されれば広告として載せられるようです。ICOに関しては引き続き広告を禁止するとのことです。

ICOは引き続き禁止

Facebookは26日、同社のホームページ上でサービスポリシーの更新を発表しました。それによると6月26日から仮想通貨関連の広告が許可されるとのことです。

同社は今年1月より詐欺などの被害からユーザーを守ることを理由に仮想通貨関連の広告を禁止していました。

なお、ICOについては引き続き禁止する方針の模様です。

どんな仮想通貨でもOKというわけではない

仮想通貨であればどんな広告でも通るというわけではありません。

どのような取引所で取引されているか、適切なライセンスを取得しているかなど、宣伝する仮想通貨についての情報が記載された申請書をFacebookに提出し、仮想通貨とその広告内容が適切であると認められたものだけが許可されるとのことです。

The following two tabs change content below.

コインマガジン編集部

仮想通貨(暗号通貨)・ビットコイン全部盛り! CoinMagazine(コインマガジン)編集部です!

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • Tag Cloud