千葉県警、仮想通貨の研修会で捜査能力の向上を図る

千葉県警、仮想通貨の研修会で捜査能力の向上を図る

千葉県警は富士通と合同で仮想通貨とブロックチェーンについての研修会を行いました。 仮想通貨の認知度上昇に伴って増加している仮想通貨関連の犯罪に対し、捜査能力を向上させるための研修とのことです。

全国初の民間企業との合同研修

千葉県警は『サイバーセキュリティパートナーシップ協定』の一環として富士通と『仮想通貨とブロックチェーンに関する研修会』を開催しました。

昨年の仮想通貨ブームによって仮想通貨関連の犯罪も増加傾向にあり、それに対処するため捜査能力の向上を図る目的で開催された模様です。

仮想通貨についての研修を民間企業と行なったのはこれが全国でも初めてのケースになります。

仮想通貨について正しく理解を深める

研修には県警と富士通の関係者50名ほどが参加し、仮想通貨やブロックチェーンの仕組み、現代社会での具体的な活用方法などのポジティブ面、仮想通貨が犯罪に悪用されるケースなどのネガティブ面について講演が行われました。

適切な規制のもと仮想通貨市場が健全に成長していくために、こうした取り組みが続いていくことが期待されます。

The following two tabs change content below.

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • Tag Cloud