ビットコインのハードフォーク通貨 51%アタックを受ける

ビットコインのハードフォーク通貨 51%アタックを受ける

ビットコインのハードフォーク(アップデートや開発の方向性の違いなどでコインが2つに分かれること)コインであるビットコインゴールドが51%アタックを受けたことが明らかになりました。51%アタックは採掘全体の51%のハッシュパワーを独占することによって、不正な取引を正しい取引としてブロックチェーンに書き込むものです。

51%アタック

ビットコインゴールドは18日、悪意のあるマイナーによって、51%アタックを受けたことが広報担当者によって明らかになりました。

51%アタックはハッシュパワー(マイニングの処理能力)の51%以上を個人または複数の悪意のあるマイナーが有することで、ネットワークを支配し、不正な取引を正しいものとして承認させブロックチェーンに書き込んでしまうのものです。

今回の事件では、2か所に同時に通貨の送金を行い、本来なら最初に行ったほうの取引しか承認されないところを、両方とも正しいと承認させることで2重支払いを発生させ、20億円相当のBTGが盗難されました。

XVGやMONAなどほかの通貨も攻撃を受ける

こうしたブロックチェーンの仕組みの穴をついた攻撃は今月多発しており、XVGやMONAも攻撃を受けています。

これらのコインはいずれもビットコインとして比べてハッシュレート(採掘速度)が低くハッシュパワーの51%を占めるのが比較的容易であることから狙われたと考えられます。

特に新しい通貨でまだまだマイナーによるマイニング競争が激化していないコインは乗っ取られる可能性が高いので注意が必要です。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • Tag Cloud