自動車のフォードが、交通渋滞を緩和させるブロックチェーン技術を特許申請。

自動車のフォードが、交通渋滞を緩和させるブロックチェーン技術を特許申請。

アメリカの自動車メーカーFordが、交通渋滞の緩和させるために仮想通貨の技術の使用を検討しており、特許の取得を申請しました。

交通量の偏りを緩和させるシステム

Ford Global Technologiesによって特許申請されたのは、交通渋滞を緩和することを目的として、車両間の速度を調整するためにブロックチェーンテクノロジーを用いた通信システムです。より交通量の少ない道路や車線を選択できるようになります。

同社の説明によると「運転データが監視・記録され、その情報が集まることでドライバーの心理にも対応できる」としています。

CMMPトークンが車両間のやりとりを可能に

この通信システムはCMMPと呼ばれ、CMMPトークンの取引が行われることで機能します。A車から出された要求によってB車は、より低速の車線を占有するか、A車を自分の車線に合流させ、必要に応じて通過させることができます。

特許文献には「いくつかの例では、消費者ビークルの要求に割り当てられた時間は、その特定の時間に費やされる消費者ビークルによって選択されたCMMPトークンの数に基づいている」と記述されています。

なお同社は昨年、このプロジェクトに先駆けてブロックチェーンの技術者や研究者を採用し開発の準備を進めていました。

The following two tabs change content below.

コインマガジン編集部

仮想通貨(暗号通貨)・ビットコイン全部盛り! CoinMagazine(コインマガジン)編集部です!

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • Tag Cloud