リップルの送金システムが実装されたアプリ「MoneyTap」が年内リリース予定。住信SBIネット銀行などが対応。

リップルの送金システムが実装されたアプリ「MoneyTap」が年内リリース予定。住信SBIネット銀行などが対応。

2018年の秋を目処に「MoneyTap」というアプリを利用して個人同士の送金ができるようになる予定です。

住信SBIネット銀行を始めとして、リップルネットワーク(ripplenet)に加盟するりそな銀行やスルガ銀行が対応することになっています。

「MoneyTap」で個人間送金ができるように

日本銀行のコンソーシアムは、リップルのブロックチェーン技術を搭載した画期的なスマートフォン・アプリケーション「MoneyTap」をリリースして、利用者同士が24時間365日、即座にお金を送金したり受け取ったりできるようにします。2018年の秋頃になる見通しです。

まずは、日本銀行のコンソーシアムの3つのメンバーである「SBIネット住信銀行」「スルガ銀行」「りそな銀行」がはじめに対応し、その後、他の61行を追加していることを予定してます。

いつでも少ない手数料で即時に送金

「MoneyTap」が使用されるようになると、銀行口座と電話番号のみで即座に送金を行うことを可能になる上、国内の現金送金に現在適用されている手数料よりも安く行うことができます。

Rippleは、国境を越えた支払いに関連する問題に解決策を提供することに長年集中してきました。現在では、世界中で100以上の金融機関がxCurrentやxRapidのシステムを採用して実装へ向け歩を進めています。

The following two tabs change content below.

コインマガジン編集部

仮想通貨(暗号通貨)・ビットコイン全部盛り! CoinMagazine(コインマガジン)編集部です!

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • Tag Cloud