G20で仮想通貨の規制が議論される予定。消費者保護と技術革新の両視点を考慮。

G20で仮想通貨の規制が議論される予定。消費者保護と技術革新の両視点を考慮。

アルゼンチンで開かれる20カ国地域財務相・中央銀行総裁会議(G20)に仮想通貨の規制案が議題に上がることが決まっているようです。

これに出席する日本は、仮想通貨交換業者の登録制などの取り組みを発表する予定です。

仮想通貨の規制強化を要求

仮想通貨には公的な管理者がいない点、利用者の匿名性が保たれる点、国境を超えた送金が可能な点などから、犯罪に利用されてしまう危険性があります。その為ドイツやフランスを中心に、国際的な規制強化を求める声が上がっています。

3月19~20日で実施されるG20では「風説の流布」や「空売り」を禁止する規制が提案される見通し。また、経済協力開発機構(OECD)、国際通貨基金(IMF)に対策を命じることを検討するなど、今後の規制強化策の土台作りの議論を行う予定です。

仮想通貨交換業者の登録制の効果を発表

日本はこの会議で、2017年4月に利用者保護を目的として導入した「仮想通貨交換業者に対する登録制」の効果を説明します。

仮想通貨に関する規制はこれまで、中国の取引所停止などの事例に代表されるように、各国が独自の見解で行って来たケースが多く、国際会議の場で議論されるのは今回が初となります。

仮想通貨の取り扱いに関する規制の強化は、消費者の安全を保護する効果がある反面、技術革新を阻害してしまう懸念もある為、両方の観点から慎重に行われるようです。

The following two tabs change content below.

コインマガジン編集部

仮想通貨(暗号通貨)・ビットコイン全部盛り! CoinMagazine(コインマガジン)編集部です!

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • Tag Cloud